不貞行為による離婚時の財産分与

不貞行為による離婚時の財産分与について

たとえ不貞行為で離婚することになってしまったとしても、基本的には夫婦が結婚後築き上げた共有財産は、お互いに分け合い財産分与することになります。妻が仕事をしておらず専業主婦であったとしても、家事や育児をしないなど家庭に非協力だったケースを除き2分の1ずつ分け合うことが一般的です。

 

財産分与は慰謝料や養育費とは全く別物になりますが、加害者側にお金がなくて損害賠償の支払いができないときは、財産分与に慰謝料を含めて請求してもかまいません。これには不動産や将来の退職金なども対象になります。ただし将来的に得るはずの退職金については、必ずといって手に入るものではないため事前に取り決めをしておくことが必要です。

 

不貞行為による財産分与では住宅を分与されることがあり、残っているローンについては加害者側が支払うといったケースもあります。このような場合については途中で元配偶者がローンが払えなくなったときのことも考えておかなくてはいけません。また分与の対象になるのは共有財産だけでなく、借金も同様になります。ただし結婚前に配偶者が所有していたものについては、たとえ相手が不貞行為により有責であったとしても分与することはできないので注意してくださいね。

 

⇒不貞行為の調査は探偵事務所・興信所一覧