不貞行為とはどこから?定義や基準・期間など

不貞行為とはどこから?定義や基準・期間など

浮気の基準は人によって違いがありますよね。男女二人で会うことから浮気だという方もいますし、手をつなぐことやキスをしてからと考える方もおり、人によって許せないと感じる境界線には違いがあります。法律上の不貞行為とは配偶者以外の男女と性行為がある関係を定義としています。1回だけの肉体関係であっても不貞行為になりますが、離婚事由になるのは肉体関係が反復している事が必要です。

 

たとえば二人きりで食事をしている関係に継続性があったとしても、男女関係がなければ不貞行為とはなりません。また同じ相手と長期間メールやチャット、電話などで性的な会話をしていたとしても、実際に会ってセックスをしていなければ貞操義務に反したことにはなりません。貞操の意味は配偶者ではない者と性的関係を持たないことをいいます。どこから不貞行為なのかという質問が上がることがありますが、実際にエッチをした時点だと考えてくださいね。

 

不貞行為とは現在日本の法律で不法行為として認められています。不法な行為により損害を与えた場合は、損害賠償を支払う義務があります。妻や夫、また婚約者、内縁関係、結婚を約束している恋人に浮気をされているという方は一度プロに相談してみてはいかがでしょうか。ケースによっては法的な責任を取らせることができますよ。

 

⇒不貞行為の調査は探偵事務所・興信所一覧