不貞行為の証拠

不貞行為の証拠について

不貞行為の証拠として法的効力があると認定されるのは、配偶者と交際相手との間に性行為があると確認できるものになります。たとえばセックスをしたことが分かるようなメールや写メ、この他にもラブホテルや相手の自宅へ出入りしている様子が分かる写真や動画は、性交渉があると推認することができます。

 

ただし盗聴や同意を得ない録音(秘密録音)については法的効力が低い、また違法に収集した証拠とみなされる場合もあるので注意してください。この他にもLINE(ライン)やGmail、Facebookなどに入手したパスワードを勝手に使って、メッセージをやり取りしている内容をチェックしてしまうと不正アクセス行為になってしまう場合もあります。そのため証拠の集め方については自分でどうにかしようと焦るのではなく、やはり探偵による浮気調査を利用するのが一番簡単で安心になっています。

 

また不倫では時に妊娠してしまう場合があり、相手の女性から認知を求める手紙や内容証明などが届くことがあります。旦那さんの子供だと認められてしまうと、養育費を支払わなくてはいけなくなります。本当に浮気でできた子供なのかは調査してもらうこともできます。夫婦間のトラブルについては、浮気相談や離婚相談に対応している探偵事務所などからアドバイスを受けてみることをおすすめします。

 

⇒不貞行為の無料相談・見積もり依頼窓口