不貞行為の損害賠償

不貞行為の損害賠償について

不貞行為の損害賠償とはいわゆる慰謝料のことをいいます。相場は100万円から200万円となっていますが、それぞれの事情によりかなり幅があるため、ご自身の状況を専門家に相談しながら損害賠償額を決めることがおすすめです。基本的には自分が欲しい額を相手に請求することができ、加害者側が納得すれば希望額をもらうことができます。

 

不貞行為は基本的に貞操義務違反をした配偶者と、不法な行為だと知って性交渉をした交際相手に損害賠償を求めることが可能です。ただし請求できる期間が設けられており、不貞な行為を知った日、もしくは加害者が誰か分かった日から3年間、また行為があった日から20年間のうち短い方が時効になります。

 

個人間の示談で決着がつかない場合は、調停や裁判を利用して慰謝料を求めることになりますが、調停や訴訟で確定した債権はその日から10年間保持されるため結果として時効が伸びる形になります。スムーズに損害賠償を求めるにはやはり証拠の有無が重要になりますよ。

 

不貞行為に対し法的手段を考えている方は、探偵事務所の浮気調査を利用して証拠の収集するのがベストです。調査完了後は弁護士の紹介を受けることもできるので、どこに相談しようか悩んでいる方は一度無料相談を利用してみてはいかがでしょうか。

 

⇒不貞行為の調査は探偵事務所・興信所一覧