不貞行為の裁判をする時のポイント

不貞行為の裁判をする時のポイントについて

不貞行為により損害を受けたときは慰謝料を請求することができますが、個人間の話し合い(示談)で解決ができない場合は、まず調停を利用することになります。しかしそれでも和解できない場合は、最終的に裁判をして決着をつけることになります。訴訟は妻もしくは夫が申立人となり、家庭裁判所に申立てを行うことになります。

 

不貞行為による裁判の流れのポイントは、貞操義務違反により夫婦関係が破綻することになったと証明できるかどうかになります。浮気や不倫により離婚せざるおえなくなったことを証明できなければ、裁判で離婚をしたりまた相手に損害賠償を請求することはできません。証拠が不足していると裁判をする期間が長期化してしまう原因になります。

 

場合によっては最高裁まで決着がつかないこともあります。最終的に自分が思っていたよりも慰謝料をもらうことができず、弁護士の費用だけが高くついてしまったというケースもあるため注意が必要です。このようなことを避けるには事前にしっかりと情報を収集し、裁判に備えて準備をしておくことがとても重要です。不貞行為の証拠集め、また訴訟に使える法的効力のある資料は探偵事務所でも作成してもらうことができます。興味のある方は一度問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

 

⇒不貞行為の無料相談・見積もり依頼窓口