不貞行為の念書と注意点

不貞行為の念書と注意点について

念書とは話し合った内容を後日証拠として残るように、念のため書類に残しておくという意味合いがあります。内容はどちらかというと一方的に取り交わされる約束になっていることが多いです。たとえば不貞行為に関する念書ですと、また浮気や不倫行為があれば次は損害賠償を請求するといった内容の約束を交わすことになります。

 

書き方に特にルールは無いものの、不法行為を相手に強制するようなことはできません。また証拠能力があるのかどうかについては書かれている内容によって異なるため、法的効力を持つことができるのかという点に注意して作成しなくてはいけません。不貞行為による話し合いでは念書のほかにも覚書、示談書、契約書、誓約書などいろいろな書類が利用されますが、最終的にはどのような書類を作っても公正証書として残しておくことが一番安心です。

 

基本的には探偵事務所を頼り、まずは浮気調査を利用して不貞行為の証拠を集めることが先決です。証拠が不十分ですと念書を作成しようと思っても言い逃れされてしまったり、中には署名を強要されたと相手に言われてしまうこともあるため注意してくださいね。調査完了後法的な手続きを希望する場合は弁護士や司法書士の紹介を受けることもできるので活用してくださいね。

 

⇒不貞行為の調査は探偵事務所・興信所一覧