不貞行為があったときの契約書

不貞行為があったときの契約書について

不貞行為が発覚したときには、もうこのようなことを繰り返さないようにと契約書を交わすことがベストです。しかし書き方によっては後でトラブルが発生したときに契約書に基づいて対処しようと思っても、法的効力が低いとみなされてしまい思うように手続きができないことがあるため注意が必要です。

 

契約書の作り方はまず第一に不貞行為があったことを認めさせます。配偶者自身とその交際相手との間に貞操義務違反があったことが分かるように記述しなくてはいけません。次に今後二人はどのようにするのかということも盛り込みます。一般的には今度どんな理由があっても接触しないことを取りきめることが多いです。最後はこの約束に違反したときは賠償責任を負うことを契約させます。

 

契約書には契約を取り交わす人物の住所と氏名、自筆での署名そして印鑑、契約を取り交わした日付などを盛り込みます。基本的には2部以上作成し、それぞれが保管することになります。また覚書や念書なども同じように作成することができますが、ただ書類として保管するだけでは不安が残ります。そのため不貞行為があった場合には公正証書として残しておくことがベストです。

 

この他にもいざというときのために収集した証拠を残しておくことが安心です。証拠収集については探偵事務所を頼ることができ、希望があればどのような法的手段を取ることができるのか教えてもらうこともできるので活用してください。

 

⇒不貞行為の調査は探偵事務所・興信所一覧