不貞行為の刑事罰

不貞行為の刑事罰について

不貞行為は不法行為のひとつです。不法行為といわれると違法行為を連想する方も多く、結婚している人の不倫は刑事罰を受けることはないの?と考える方もいるのではないでしょうか。民法709条における不法行為とは故意または過失によって、他人の権利または法律上保護される利益を侵害したものは、これによって生じた損害を賠償する責任を負うとあります。

 

不貞行為とは配偶者以外の男女と性交渉があることいいます。では刑法において刑罰に問われるのかといいますとそうではありません。しかし民法においては770条で離婚の訴えを提起できる離婚事由として認められています。刑事罰は無いものの与えた損害に対する責任は果たさなくてはいけません。

 

一般的な刑事罰ですと罰金や懲役、禁固、拘留といったものがありますが、不貞行為においては慰謝料を支払うことが罰として考えられます。また夫婦の貞操義務を違反した妻や夫だけでなく、不貞な行為だと知って肉体関係を持った交際相手も加害者として慰謝料の支払い義務があります。

 

不倫は犯罪ではないものの、社会的な制裁を受けることになるのは間違いありません。もし今このような悩みを抱えている方は、どのように解決していけばいいのか一度専門家に相談してみることをおすすめします。何か責任を取らせる方法は無いのかアドバイスをもらうこともできますよ。

 

⇒不貞行為の無料相談・見積もり依頼窓口