不貞行為の時効・期限

不貞行為の時効・期限について

不貞行為があったときは加害者に慰謝料を請求することができます。しかし不貞行為には時効があるのをご存じでしょうか。基本的に不法行為により受けた損害に対する賠償の請求権は加害者を知ったとき(不法行為を知ったとき)から3年、または行為のあったときから20年となっています。

 

たとえば妻や夫が不倫をしていると知った場合、その日から3年間あなたには慰謝料の請求権があります。3年を経過してしまうと期限切れとなり過去の不倫について法的な責任を問うことはできません。しかし相手が分からない場合については、分かった時点から相手への請求権が3年維持されることになります。

 

すぐには不倫や浮気に気がつかなかったというケースですと、20年以内に発覚すれば時効にはなりません。もし時効の進行を止めたい場合は、加害者に内容証明を送付することで半年間は猶予ができることになります。また訴訟を起こすことで時効はリセットされるため、もうすぐ不貞行為に対する賠償の請求権が切れてしまうという方はすぐに行動を起こすのがベストです。

 

ただし不貞行為があったと知ったとしても、証拠がないと慰謝料を請求することが難しいので注意してください。離婚を考えている方、配偶者に何かしらの不信感がある方は浮気調査などを利用して何か隠している事は無いか調べておくのがおすすめです。

 

⇒不貞行為の調査は探偵事務所・興信所一覧