不貞行為の示談

不貞行為の示談について

不貞行為による慰謝料請求は当事者で話をつけることもできます。自分が求める損害賠償請求に相手が同意すれば示談が成立します。個人間で話をすべて済ませてしまうときには、後になって示談で取り決めた契約を無視されてしまうことがないように、法的効力のある書面として残しておくことが必要です。

 

このような話し合いの内容は念書や覚書、示談書、契約書、誓約書、同意書といった形で書類に残すことが一般的ですが、すべてに共通することはどんな書類を作ったとしても最終的に公正証書にしておくことが大切だということです。特に示談は調停や裁判と違い裁判所が介入することはありません。

 

そのため中には一見解決したように見えても、不貞行為の相手が後になって約束を破ったり、中には逃げて音信不通になることもあります。もちろん不貞行為をした自分の妻や夫が示談した内容に反し、また貞操義務違反をすることも考えられます。このようなことを防ぐためには示談というものをよく理解し、取り決めた内容がきちんと守られるように準備しておかなくてはいけません。

 

また不倫相手の居所が分からず話し合いに応じない場合は探偵事務所を頼ることもおすすめです。さらに少しでも有利に話を進めることができるよう証拠収集を徹底することも基本になっていますよ。調査完了後は法的手続きに詳しい専門家を紹介してもらうこともできるので一度アドバイスを受けてみてくださいね。

 

⇒不貞行為の調査は探偵事務所・興信所一覧