不貞行為の慰謝料と注意したい求償

不貞行為の慰謝料と注意したい求償について

結婚している夫婦には貞操義務があります。配偶者以外の人と性行為を行った場合は貞操権の侵害により慰謝料を求めることができます。もちろん異性だけでなく同性同士の肉体関係も不貞行為となります。不倫は基本的にひとりではできないため、加害者が複数いることになります。そのためその妻や夫、そしてその交際相手が連帯して責任を負うことになりますが、一般的には配偶者と浮気相手に対し別々に損害賠償を請求するケースが多くなっています。どちらか一方が支払いを肩代わりした場合については賠償が終わったと考えられるため、片方しか払っていないのだから追加で請求しようということはできません。

 

相場は100万円から200万円が金額の目安になるものの、個々のケースによってかなり開きがあります。旦那さんやお嫁さんに対しては特にお金を請求せず、交際相手にだけ不貞行為の補償を求める場合がありますが、ここで注意したいのが求償権です。たとえば上記のケースですと不倫相手に200万円の支払いを受けたものの、後になって配偶者がその相手から負担部分の求償を求められることがあります。

 

不真正連帯債務は不貞行為においてどちらが積極的だったかということで負担割合が計算されるため、場合によってはあなたが受け取った慰謝料が結果として減額されたような形になります。このような事を避けるには、事前に権利を放棄するほうに話し合いで取り決めしておくことが大切です。法律に関する取り決めは自己判断が難しくなっているので、不安がある方は法律の専門家にアドバイスを受けてみてくださいね。

 

⇒不貞行為の無料相談・見積もり依頼窓口