不貞行為と夫婦の関係

不貞行為と夫婦の関係について

妻や夫以外の男女と性交渉をもった場合それは不貞行為になります。しかし不倫は夫婦双方がすでに夫婦関係が破綻していると認識していれば不貞行為にはなりません。結婚関係破綻とは別居、家庭内別居、そしてセックスレスや性交渉の拒否などが該当します。

 

夫婦関係破綻後に嫁や旦那以外の異性、または同性と肉体関係のある交際をしていたとしても、貞操義務違反をしたことにはなりません。そのため浮気をしたからといって慰謝料を請求しても、原則として認められることはありません。しかしあなたが少しでも夫婦の関係性を維持したいと考えていた場合は、夫婦関係が破たんしているとは考えることができません。ですからもし不貞行為により損害賠償を請求したいときは、関係は破綻していなかったということを立証することになります。

 

長年別居をしているケースでは立証が難しくなり、破綻していると考えることが一般的ですが、たとえば同居をしており一緒に食事をしている、性生活がある、冠婚葬祭に一緒に出席している、また別居をしていてもメールなどで親密な会話をしているという場合は婚姻関係破綻とはなりません。

 

結婚生活を維持できるように努力している姿勢を見せることで、不貞行為として話を進めることができるようになります。このような浮気対策については探偵事務所などでアドバイスをもらうこともできます。興味のある方は一度無料相談などを利用してみてくださいね。

 

⇒不貞行為の無料相談・見積もり依頼窓口